読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働いたら遊ぶ

フライフィッシング・バイク・キャンプなど、アウトドアでのモノ・コトなど

ブログ引越し


お仕事用とプライベート用のアドレスを統一することにしました。
ということで、ブログも移動します。


TOAKSウッドバーニングストーブ


新投入のTOAKSウッドバーニングストーブSTV-12
チタン製で実測164g。(袋込み)

 

続きを読む

バイクナビにiPhone5s


ツーリングよりも、複雑な都内の移動用にiPhone5sをナビ代わりに。

バイクへの取り付けキットは、TiGRA謹製 Sport BikeCONSOLE POWER PLUS for iPhone 5S

防水ケースとバッテリー、バーハンドル用の取り付け部品のセットです。
 

防水ケースとバッテリーは分離します。
 
 
 
パソコンからUSBで充電中のバッテリー。右の青いランプが点滅中は充電中。
満充電になると点滅パターンが変わります。
 
防水ケース背面に接点があり、配線なしでバイクに取り付けできます。
ケースに内蔵されたLigtningにiPhone挿して、バッテリーのボタンを押すと充電開始です。
 
 
 
取り付け用の台座はバンド留め。
幅1cmほどの硬い樹脂素材で丈夫そう。
ゴムの滑り止めも付いているので、しっかり締め込めば緩むことはないでしょう。
 
 
 
横から。
ケース下にバッテリー。(バッテリーなしでも取り付け可能)
スライドしてはめ込み、さらにネジで固定。
ネジはダイヤル式なので指で回せます。
しかもスプリングがはめ込んであるので、緩みにくくなってます。
台座への取り付けも同様。
 
台座との分離は容易ですが、バッテリー込みだとかなりかさばります。
ジーパンのポケットに入る大きさではありません。
ケースのみでもちょっとキツい。
なので、バイクから離れる時はケースから取り出してます。
ケースのロックは両サイドと下部。
下部のロックがきつくてコインなどでこじらないと開きません。
樹脂製なのでカッターでコンマ数ミリ削って、なんとか手で開けられるようにしました。
常に使うわけではないし。
 
画面のスクリーンは比較的張りがあってペコペコは気になりません。
タッチの反応も良好です。
マット仕上げ(アンチグレアっていうの?)なので光沢があるよりも見やすいんでしょうが、やっぱり晴れた日中の視認性はそれなりです。仕方ないですね。
 
ホームボタンはゴムなので指紋認証はできません。
どちらにしてもバイクならグローブをはめてますからいらない機能ではあります。
ボリューム・マナーボタンは使えません。これもバイクでナビ機能だけなら必要ないですね。
 
あわよくばこのケースで渓流釣りにと思っていたけど、かなり厚く大きくなるので持ち歩く気にはなりません。
それに、通話の声も割れるし、相手から声が遠すぎると言われました。
バイクナビ用と割り切れば、かなりしっかりした製品だと思います。
ケース内装に防振性のあるクッション素材が使われているので、振動対策もされているようです。
 
通信をしなくて済むダウンロード地図のナビプラスで1時間走って20%のバッテリー消費。
やはり充電バッテリー付属だと安心ですね。
 
 
 
 
 

iPhone5s 修理・交換


1ヶ月ほど前に水没させてしまったiPhone5s
何事もなく復活したかにみえましたが、3日前からTouch IDが反応しなくなりました。




再起動や工場出荷のリセットなど一通りの対策はしました。
それでも指紋認証は反応せず。
同時にバッテリーが体感できるくらい減るようになったため、面倒ですがアップル表参道店のジーニアスへ。
(最短の予約が2日後と、対面での緊急対応が難しいのはどうなんでしょう?)

担当の方がiPadでリモート診断をすると、ソフトウェア的には問題なし。
iPhoneを開けて内部確認させてください」ということで、待つこと約5分。
水没反応が出てたので本体交換となりました。
ホームボタンの部品交換だけだと、今後ほかの基盤に不具合が出るかもしれないとのこと。
バッテリーの減りが早くなったのも、Touch IDの不具合が原因の可能性が高いとか。
(Touch IDの機能を探すため、だとか)
まだ半年くらいしか使ってませんが、仕方ないですね。
交換代金は¥28,990也。



まるっと新品ですか?と聞くと、歯切れの悪い返答。
整備済品でしょうか。バッテリーは新品だと言ってましたけど。
まぁ、2世代前の機種が在庫しているだけでもありがたいことです。

帰宅後にパソコンからバックアップデータを復元し、ワイモバイル用のAPNをインストールして無事復帰しました。
が、ワイモバイルでは動作未確認だったiOS10になってました。
いまのところ通話・通信ともに問題ないようです。

1ヶ月経って水没の不具合が出るとは意外でした。
アウトドアで使うなら防水対策は必須ですね。
Iphone7の防水機能は魅力的ですが、大きいのがネック。
カメラレンズの出っ張りや丸いボディも好みじゃないので、4インチiPhone SEの新型に防水機能がついたら買い替えも・・・。



自作タープ


デュポン社のタイベックという生地でタープを作りました。
生地購入はOMM(アウトドアマテリアルマート)で。
幅3mのソフトタイプを長さ3m(1m¥840)。




四辺を2cm巻いて、#30の糸でミシン縫い。
そこにモンベルで購入した2mmの張り綱20m(1m¥48)を通して完成。
単純な構造ですが初めから張り綱を通してあるので、設営が楽になるのでは、と。



165cmのモンベル製ポールだと細いので、そんなにテンションかけられないため、生地に補強はしませんでした。
実際に張ってみると生地自体の強度はあるように感じました。
それでも耐久性は期待できないかもしれませんが、材料費が安いし簡単に作れるのでよしとします。



ハトメは9mm。
ポール先端がギリギリ入る直径。



タープ下はかなり明るいです。
紙のような質感ですが、透湿・防水。
デコボコした面を内側にしています。

約3m四方で650gほど。(ポール除く)
まだ雨で使用していません。
縫い目にシーム処理をしていないので多少は滴るでしょうが、この面積なら2〜3人は濡れずにすむでしょう。



モンベル サワートレッカーRS


前回の記事にも書きましたが、ウェーディングシューズを新調しました。
モンベルサワートレッカーRSです。





長く(3年くらい?)使ってきたリトルプレゼンツのミッドストリームWDラバーソールが限界に。



ラバーパターンはこんな感じでまだ使えそうですが・・・。
オフロードタイヤのようなゴツいパターンで、川までのアプローチも安心感がありました。



モンベル独自開発のアクアグリッパーは凹凸が少ないです。
減りの速さが心配ではありますが、リトルプレゼンツのようにラバーより先に本体が修理不能になることも考えたら、これくらいでいいのかもしれません。



前回の釣行では黒光りしている岩でも驚くほどのグリップ力でした。
苔でヌルッとした岩は、慎重に真上から体重を乗せれば対応できます。
それでも、恐々ですが。
濡れた木は予兆もなく滑ります。これはリトルプレゼンツのビブラムでも同じ。



ハイカット部分は柔らかくて、収納の限られたバイク釣行ではスペース確保に有効です。
ボクは足首が固定されているより、曲がる方が楽に行動できます。
リトルプレゼンツは公称値が記載されてないのでわかりませんが、これは片足395gと体感的にもリトルプレゼンツより軽いです。




靴底が薄いためか、指先の曲がりも楽です。(ピンボケ・・・)
これは特徴的な本体のデザインにもよるのかもしれません。
丸い靴紐も締める・緩めるがしやすいです。
ただ、付属の紐では短かったので150cmのシューレースを買いました。

砂の入りにくいネオプレーンの足首は脱ぎ履きにコツがいりますが、2〜3度で慣れました。



ソックスはネオプレーンをやめて、化繊の靴下(WIC.トレッキングストリームソックス)に。
厚手でクッションがあってはき心地がいい上に、脱渓後も冷たさを感じにくいです。
絞ればそこそこ乾きも早いし。
補強糸入りで耐久性にも期待しています。
それと、ネオプレーンより通気性が高いはずなので、匂いがしにくいのではないかと。

軽さと足の曲げやすさで買って正解でした。
あとは耐久性ですね。
常に水に濡れる状況ですから、過度な期待はしてませんが。
価格も¥12,800と、釣り専用のラバーシューズよりお安いですし。


 

 

 

 

 

 

2016年 FFひとり合宿


2016年シーズンもあとわずか。
締めはいつもの「あの」川へ。





霧に包まれた白樺の森。
釣行前の心穏やかな時間が流れています。



ポツリポツリと人家がある場所ですが、集落で熊が出没しているため熊鈴をつけて6時半ごろ入渓。
外気温は16℃とひんやりしていて、流れに入るとキーンと冷たい。



リトルプレゼンツのラバーシューズが修復不能になったので、今回初投入のモンベルサワートレッカーRS
アクアグリッパーという独自開発のラバーソールです。
グリップ力は「おっ!?」と驚くほどに上々。
靴下はネオプレーンをやめて、これもモンベル謹製の化繊靴下WIC.トレッキングストリームソックスを。
厚手で心地いいクッションです。
ズボンはこれまたモンベルの廃盤トレッキングパンツ。
伸縮性のあるSchoeller社の生地ではき心地が良かったのですが、渡りが太いため水の抵抗を受けないようにピチピチにリフォームしました。
これだとバイク移動でも風の巻き込みもないし、信号待ちでもマフラーに当たりません。
上着もモンベルで新調です。
ストレッチ性のある薄手の撥水生地のクラッグジャケット



撥水に期待はしてませんが、シャツのようにポケットなどの出っ張りがなく比較的体にフィットしたシルエットなので藪にひっかかりにくいです。
全身モンベルですね・・・。
シーズン終盤で新しいモノをこれだけ投入したのですから、気分も上がります。

このところの雨で増水して周りの草はなぎ倒されていて、まだ水量は多めのようす。
それでもポイントごとにドライフライに反応があります。
20cm以下のサイズばかりですが、調子よく釣りあがっていたら・・・。
大きな岩に足を置いた直後、グラッと動いてそのまま転倒。
受け身すら取れませんでした。
大雨の後で岩が流れて座りが悪くなっているだろうと、慎重に歩を進めていたのに。

首まで浸かって離したロッドを手元に手繰り寄せてと、川の中で30秒ほど格闘したでしょうか。
体はひざに擦り傷程度。
しかし、カメラ(Nikon P300)とiPhoneが水没。
迂闊にもスマホの防水装備を忘れてました。



浸水した水でソフトフォーカスな写真のP300。



これはこれで綺麗?

カメラはまぁアレとして、問題はiPhoneです。
本体隙間から水が滴り落ちでくる状態。
慌てていて電源を落とさず動作確認してしまいました。
このときは動いたのですが、しばらくすると「スライドして電源オフ」の表示。
でも操作を完了できません。
さらに時間が経つと、アップルマークとブラックアウトが交互に点滅。
ホームボタン+電源ボタンを押しても無反応。
一服して落ち着きを取り戻し(タバコは無事だった・・・)、ここでこれ以上あがいても無駄だと諦めて釣行続行。
塩焼きサイズのいい引きのイワナと、骨酒用の2匹をキープしてテン場へ。

車のエアコン吹き出し口にiPhoneをひっかけて乾燥させながら、今後の行動をあれこれ悩みます。
空は満点の星空ですが、予報では明日は雨。
2泊の予定でしたが、徹夜で体力・気力共にダウン。
朝起きてみるとやっぱり雨。しかも勢いよく。
これで諦めがつき、1日前倒しで帰宅することに。
途中、市街のホームセンターで乾燥剤を買い、ZipロックにiPhone・カメラを入れて悪あがき。
これが良かったのか、それとも運が良かっただけなのか、3日目にiPhoneは復活しました。

静かな夜明けで始まった今回の釣り旅でしたが、ドタバタな結末。
でもまだ伊豆の一部アマゴの河川は10月いっぱいまで釣れるんですよね・・・。