読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働いたら遊ぶ

フライフィッシング・バイク・キャンプなど、アウトドアでのモノ・コトなど

しつこく使う ウェーディングシューズ

Fishing Tools

3年ほど履いたリトルプレゼンツのミッドストリームWDシューズ ラバーソール
あちこち破れ・剥がれがひどくなってきました。もうそろそろ限界かな・・・。

ビブラムソールは、もうワンシーズンはいけそうなくらい残ってます。
もったいないんで、ダメもとで自己リペアしてみました。



両踵のラバーの剥がれと・・・



先端内側の剥がれ。これも両足です。
こちらはラバーではなくて、スポンジ素材のミッドソール(?)。
ここから小石や砂が入り込んできてました。



ボンドで接着して布製ガムテープで1日固定。



それとアッパー部のほつれ。
前回もやりましたが、手縫いなので面倒くさい。
糸だからほつれたということではないんでしょうけど、今回は耐水性のありそうなティペット(6X)を二重にして縫いました。



縫い付けた後に木休め程度の効果でしょうが、ボンドでシーリングしました。
次にほつれや剥がれが出たら買い替えします。

それにしても、本体より先にラバーソールのパターンが無くなるんじゃないかと思ってたのに、意外と長持ちしますね。
はじめは恐る恐る使っていたけど、もうフェルトには戻れません。
乾きが早いのはもちろん、入脱渓時の土・草場でのグリップはとても安心。
目詰まりしにくいオフロードタイヤのようなゴツいパターンもいいのでしょうか。
ブルーグレーっぽいデザインもかっこいい。
ただ、片足690gはちょっと重いかな・・・。

買い換えることになったら、モンベルサワートレッカーRSなんて良さそう。


¥10,800とお値段安めで、395g(片足)とリトルプレゼンツより300gも軽い。
これだけ重量差があると疲れ方に差が出るんじゃないかな。
ちなみにリトルプレゼンツのフェルトシューズは410g。
水を含んだ状態で690g以上になるんでしょうかね。
実はそれほどミッドストリームWDシューズ ラバーソールと重量差がなかったりして。
だとしたら、モンベルの395gは相当軽く感じるハズ。
ソールも含め全体的に柔らかいようなので、岩場の上り下りがしやすそうだし。
気になるのは好みのはっきりしそうなデザインと、ソールの薄さから耐久性がどうなのかな、と。

重量があるにしても履き慣れて信頼してるリトルプレゼンツのラバーソール。
どちらを選ぶか禁漁中に悩んでみます。