読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働いたら遊ぶ

フライフィッシング・バイク・キャンプなど、アウトドアでのモノ・コトなど

スイッチングハブ交換


度々ネットが繋がらなくなって不安定。
ど素人故、このテのトラブルってソフトなのかハードなのか原因特定が難しい。



ちなみに有線接続で
ルーター → スイッチングハブ → パソコン・周辺機器
の順番。

内心「あー、めんどくさいことになったなぁー」と憂鬱になりつつ、
機器類の再起動をしてみると・・・。
スイッチングハブのLEDが点滅したり消えたりと挙動がおかしい。
どうやら寿命のご様子。
24時間電源ONのため、熱でコンデンサがやられるんだそうです。
安物のプラスチック躯体で5年以上は使ったかな。
長く使えたんでしょうか。

たかが分配器と侮れないようなので、
簡単に機種の選び方を調べて以下の2点を基準にしました。

  • 放熱性の高い金属躯体
  • VCCIはクラスB

他にも消費電力や使用限界温度も盛り込みたいところですが、
NETGEAR社のGS108を購入。
お値段4,000円弱。

NTTで取り扱っているので信頼性がありそうだし、
なによりエンボスのあるブルーのカラーがかっこいい。
ギターのエフェクターのような雰囲気がありませんか?
分解した方のレポートによると、
信頼できる内部パーツを使っているようですし。

イーサケーブルを差し込んで電源オン。
接続の不安定さは解消しました。
やはりスイッチングハブが原因だったようです。
出費はあったけど、直ってよかった・・・。