読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働いたら遊ぶ

フライフィッシング・バイク・キャンプなど、アウトドアでのモノ・コトなど

バイクナビにiPhone5s


ツーリングよりも、複雑な都内の移動用にiPhone5sをナビ代わりに。

バイクへの取り付けキットは、TiGRA謹製 Sport BikeCONSOLE POWER PLUS for iPhone 5S

防水ケースとバッテリー、バーハンドル用の取り付け部品のセットです。
 

防水ケースとバッテリーは分離します。
 
 
 
パソコンからUSBで充電中のバッテリー。右の青いランプが点滅中は充電中。
満充電になると点滅パターンが変わります。
 
防水ケース背面に接点があり、配線なしでバイクに取り付けできます。
ケースに内蔵されたLigtningにiPhone挿して、バッテリーのボタンを押すと充電開始です。
 
 
 
取り付け用の台座はバンド留め。
幅1cmほどの硬い樹脂素材で丈夫そう。
ゴムの滑り止めも付いているので、しっかり締め込めば緩むことはないでしょう。
 
 
 
横から。
ケース下にバッテリー。(バッテリーなしでも取り付け可能)
スライドしてはめ込み、さらにネジで固定。
ネジはダイヤル式なので指で回せます。
しかもスプリングがはめ込んであるので、緩みにくくなってます。
台座への取り付けも同様。
 
台座との分離は容易ですが、バッテリー込みだとかなりかさばります。
ジーパンのポケットに入る大きさではありません。
ケースのみでもちょっとキツい。
なので、バイクから離れる時はケースから取り出してます。
ケースのロックは両サイドと下部。
下部のロックがきつくてコインなどでこじらないと開きません。
樹脂製なのでカッターでコンマ数ミリ削って、なんとか手で開けられるようにしました。
常に使うわけではないし。
 
画面のスクリーンは比較的張りがあってペコペコは気になりません。
タッチの反応も良好です。
マット仕上げ(アンチグレアっていうの?)なので光沢があるよりも見やすいんでしょうが、やっぱり晴れた日中の視認性はそれなりです。仕方ないですね。
 
ホームボタンはゴムなので指紋認証はできません。
どちらにしてもバイクならグローブをはめてますからいらない機能ではあります。
ボリューム・マナーボタンは使えません。これもバイクでナビ機能だけなら必要ないですね。
 
あわよくばこのケースで渓流釣りにと思っていたけど、かなり厚く大きくなるので持ち歩く気にはなりません。
それに、通話の声も割れるし、相手から声が遠すぎると言われました。
バイクナビ用と割り切れば、かなりしっかりした製品だと思います。
ケース内装に防振性のあるクッション素材が使われているので、振動対策もされているようです。
 
通信をしなくて済むダウンロード地図のナビプラスで1時間走って20%のバッテリー消費。
やはり充電バッテリー付属だと安心ですね。