読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働いたら遊ぶ

フライフィッシング・バイク・キャンプなど、アウトドアでのモノ・コトなど

フライロッド試し振り


ヤブ沢用フライロッド TFO 6ft #2が使いやすいので、もう少し距離を伸ばせる7.9ft #3を買い足しました。
日本のイワナ・ヤマメに合ったアクションとのこと。
期待して実戦投入してみると、自分にはちょっと硬めに感じました。
キビキビキャスティングできます。
ついでに新調したコートランドの#3ライン。
このロッドには指定の#3より#4がちょうどいいのかも。



釣行2回目のノースランド謹製の8ft #2〜3。
最初の印象通り、やっぱり柔らかい。
TFOのあとに使うと戸惑います。
フェルールが減っているためか、継ぎ目がズレて真っ直ぐ飛ばないことも。
ロウソクを刷り込むと解消しました。
アメリカ人の手に合わせた太いグリップと違い、手になじむ太さで握りやすいです。
今時のロッドと比べると自重もあるし、キャスティングでもバットあたりからしなるので振り重りを感じて1日使うと疲れます。
のんびり釣り上るのに向いてるのかな。



師匠にお借りしたカムパネラの6ピース 7.5ft #3 クロスカントリー
柔らかすぎず固すぎず。
これで6本継かぁ、使いやすいなぁ。
小〜中規模の渓流にぴったり。
仕舞寸法も短いし、次に買うならこれかなぁ、なんて思っていたんですが・・・。



ティムコのJ Stream Nプラス #3 7.9ftの4本継を使ってみると、「これだ!」と。
(ピントがずれてました・・・)
初めてキャスティングしてみると柔らかい印象なのに、なんというかしなやかなのにハリがある感じ。
目の前から4〜5mの距離まで、狙ったポイントにフライを落とせます。
しかも軽い!
キャスティングの嫌なおつりを殺すのに力がいりません。
振っているとジワジワ良さを実感します。
これは柔らかいだけのロッドじゃないですね。
鮮やかな青いブランクも爽やか。
年間何本も海外の高額ロッドを買い換えてきた師匠が、これ一本でいいと言うのも納得です。

もう、バイクに積みやすいからと仕舞寸法を重視してきたけど、4本継でもいい。
これ欲しい!