読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働いたら遊ぶ

フライフィッシング・バイク・キャンプなど、アウトドアでのモノ・コトなど

諏訪へ


諏訪から和田峠を越えたあたりの沢に入ってみました。
前情報無しなので、サンダル履きで偵察入渓。
すると10mも進まないうちに黒パラシュートに食いつくイワナ
いますね。

少し下って本格的に釣り始めます。


標高1400m前後。高原イメージな爽やかな渓相です。
水温はかなり冷たくて、数秒でも手を浸けれないくらい。
山桜が散りきってないくらいの世界。
この標高だとまだ春って感じですね。


赤い派手な花も咲いていて、のどかな釣りになるハズが・・・。


いたるところに倒木が川を塞いでいて、ボサもすごい。
さらに、ヌル苔の岩で滑ること。
ラバーソールではまったくグリップしなくて、平坦な渓の割に疲れます。

ロストフライも10個以上。
イライラ気分を風景で和ませながらの釣行です。

ようやくバックスペースのある淵でパラシュートを緩く流すと、魚体が全部見えるほどのジャンプ。
2回も同じ場所で飛び出しましたが、いずれもフライが通り過ぎてから・・・。
バカにされたんでしょうかね。

反応が良くなってきたのはお昼前くらいから。
イワナ数匹とヤマメ1匹の釣果。
この標高でヤマメがいるとは驚きです。



ポイントはそこそこあるんですが、6.6ftでも振れない場所ばかり。
雰囲気はいいんですけどねぇ。


鹿の亡骸もたくさん。
カディスに使えるかも、と思っただけでさすがに持ち帰りませんでした。