読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働いたら遊ぶ

フライフィッシング・バイク・キャンプなど、アウトドアでのモノ・コトなど

2015年 初釣行


3月も終わり近くになって、ようやく川に立つことができました。

あまりにメジャー河川なので、この雄大な雪景色でどこなのかがわかっちゃいますね。
温泉と地熱(?)で外気温が5℃でも水温が12〜3℃もあります。
場所によっては18℃!
川の中のほうが暖かい・・・。


そんな特殊な環境だから虫もたくさん飛んでます。
14番のドライフライ(パラシュート)でバシャッと魚が出るわけです。
日中の緩い流れでは頻繁にライズもあって高まる期待。


でも、そんなに甘くありません。
平日なのに駐車エリアには関東・関西ナンバーの車がたくさん。
競争率高めです。

1日目は8時頃から釣り始め、そこそこの反応&2匹のアマゴ。
それと、大きいのを1匹バラシ。
ゆったりフライを吸い込むのを確認してフッキングしたのになぁ。
手応えを感じながら慌てずにラインにテンションをかけて、足場の良い場所に移動した時にプツンと切れました・・・。
初日から尺の期待が・・・。

2日目はライズを繰り返していたアマゴを一匹。


同行の師匠はボウズだったので、やっぱりキビシイ条件だったようです。
とにかく人が多い。
「頭ハネただろ!」的トラブルもよく聞くので、シーズン初のイベントとおおらかに割り切って、ね。

雪と風も堪えました。
水に濡れたグローブが冷えて手が真っ赤っか。ネオプレーンのような耐水性素材じゃないとダメですね。
雪焼け(?)と寒さで唇がカッサカサになるので、口を覆うものも必須です。

ところで、久しぶりに撮った魚の写真。
手がかじかんでもたもたしたり、雪まみれで痛々しい絵になったりで散々です。
はやく逃がそうと焦るのも楽しくないし、なにより身勝手な欲が写っているような気がして後味悪い。
リリースの時は写真やめときます・・・。


宿泊は平湯温泉の「ひらゆの森」。
広い内湯と露天風呂がたくさんあって、硫黄の香りがたっぷり楽しめます。
内湯側の露天は透明で湯の花が舞っていて、一番奥は真っ白で湯温が高め。
近いのに泉質が違うんでしょうか。

お部屋は四畳半くらいの和室。もちろん喫煙可。
素泊まりでも食事も酒も施設内ですむし、平日なら素泊まり4,000円(税別)と格安。
若いスタッフも気さくで楽しそうに働いていて、居心地がいい。
オススメです。