読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働いたら遊ぶ

フライフィッシング・バイク・キャンプなど、アウトドアでのモノ・コトなど

2017年 新年初温泉は鳴子で


新年の初風呂は宮城県鳴子温泉滝の湯』でザブン。




通常でも150円と安いのに、元旦は無料でした。
そのためか結構な混み具合。
とても浴室の写真を撮る雰囲気ではありません。

木製の湯船は大小2つ。
小さいほうは適温(?)のためか長湯をしている人で入れなかったため、熱めのほうへ。
ガツンとくる湯温ではあるけれど、北海道の熊の湯に比べれば我慢できないほどではありません。
それでも動くと熱さが増すので、じっと浸かるだけ。
冬でよかった。夏はキビシイかも。

白濁して湯の花の舞う硫黄泉はほんのり香るくらい。
数年前に泊まった鳴子温泉の『姥の湯』は体から硫黄臭が抜けないくらい強烈でした。
鳴子には7種類も泉質の違う源泉があるそうなので、それぞれ個性があるんでしょう。

今年は暖かいのか、旅情を感じる雪がなかったのが残念でした。



車は駅前の30分無料の駐車場に停めました。
(30分を超えると30分ごとに100円)
駅から滝の湯まで歩いて3〜4分。
さっと浸かれば無料で停められます。