読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働いたら遊ぶ

フライフィッシング・バイク・キャンプなど、アウトドアでのモノ・コトなど

Patagonia Vest Front Sling 釣り用バッグ

Fishing Tools


パタゴニアのファイナルセールで¥7,938。
フライフィッシング用のワンショルダーVest Front Slingです。容量は8リットル。




大崎店では売り切れ。白馬店の在庫から、最後の一個を取り寄せました。





フロントポケットだけでもかなりの小物が入るので、頻繁に使うフライボックス・リーダー・ティペット・ドライシェイクなどは、これだけで収納できます。
ワンショルダーとはいえ、両脇腹から背中に回り込むバンドでかなりしっかり固定され、ズレは気になりません。
向かって左側 下のバックルを外せば、くるっと回してリアのバッグにアクセスできます。


背中のリュック本体を前に回すと、ちょうど上側がファスナーになります。
なので、左掛けにすると都合悪い。
まぁ、右掛けでロッドを振ってもそれほど気になりません。

 

 Patagoniaには生地が厚くウレタン(?)パッドの装備されたStealth Atom Slingtというモデルもありますが、Vest Front Slingの方が1リットル容量が多くて、収納ポケットが多いです。
(2016年モデルのStelth Atom Slingは容量が15リットルになるようです)
フロント裏側にもリーダーが入るポケットがひとつに、ファスナー付きポケットがひとつ。
胸にあたる部分なので、固いものはやめたほうがよさそうです。

 
本体メイン荷室にジッパー式の防水ポケット。
ゴムのような柔らかい素材です。
本体下部にロッドホルダー。

 

 
中には4つの仕切り。

 

 
前側にも仕切り付きの収納がありますが、マチはほとんどありません。

 

 
メイン荷室の後ろに小さなサングラス入れ。
裏地がフリースっぽい素材になっています。
 

 


これが3〜4年使ってきたGERRYの防水ウェストバッグに入れていた最低限の道具。
熊鈴とヘッデン・ナイフ・カメラは荷室、それ以外はサブポケットに収納できました。


 

川から1日出ないときは、スベア123R・コッヘル・昼食のおにぎり2〜3個をメインに室に。
釣った魚をキープする予定のときは、別途防水ウェストバッグを装備します。
 
そこそこの重さになり右肩一点に荷重がかかって疲れるかと思っていましたが、脇腹2点のバンドを締めると体にフィットして荷重が分散されるようです。
まだ街中を歩いただけなので渓流歩きでの評価はわかりませんが、いい感触。
 
210デニールの薄い素材で433g。
耐久性撥水だというので水をかけてみると、綺麗に水を弾き時間が経っても浸みてくる様子はありません。ファスナーはYKKの止水タイプのようです。
川でひっくり返ったらアレでしょうけど、雨くらいなら大丈夫かな。
 
ボトルホルダーも付いて、ボクにはこれひとつで必要十分の機能です。

一週間後の渓流解禁が待ち遠しい・・・。