読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働いたら遊ぶ

フライフィッシング・バイク・キャンプなど、アウトドアでのモノ・コトなど

iMac(27inch, Mid 2011)にYosemiteインストール・・・


お仕事用のiMac(OS X10.7)にYosemiteをインストールしたところ・・・。

残り時間表示画面の次の工程でストップ。
進行表示バーが数時間たっても真ん中から進みません。
うっかりUSB接続の機器をつなげたままインストールしたのが原因かも・・・。
このまま待つべきか、それとも再起動か。
意を決して電源ボタン長押しで一旦終了。
再起動しても状況は変わらず。

Time Machineでバックアップを取っていたので、この時点では冷静にサポートへ電話問い合わせできたんですが・・・。
キーボードのcommand + option + Rのネット経由でOS X10.7から起動し、ディスクユーティリティで検証・修復。
しかし、赤文字で「修復できません」的なメッセージが。
サポートの方から、ハードに問題のある可能性が高いと言われた時点で余計なことするんじゃなかったと後悔・焦りが。
(ディスク交換は面倒だ・・・)
まだ可能性があると信じて、できることをやってみます。

以下、作業手順を忘備録として。
Macには有線でインターネット接続しています。
LANケーブル以外のUSBなど外部機器は全て外しました。
HDのパーテ−ションは切ってありません。

  1. command + Rで起動しOS Xのインターネット復元
  2. ハードディスクの初期化
  3. 旧OS(10.7)をインストール
  4. 10.7で起動
  5. App StoreからYosemiteをダウンロード・インストール
  6. 短時間であっさりインストール完了
  7. Yosemiteで起動後にTime Machineの外付けHDをUSB接続
  8. Time Machineから最新のデータ・システムを復元(700GBほどのバックアップデータで約10時間)
  9. 再起動で無事完了

結果、なんとかYosemiteは無事インストールできました。

AdobeのCS3・CS6が起動できなくなったけど、これは人柱的にYosemiteを入れたMacBookで対応したことがあるので、Java6wをダウンロード・インストールで解決。
まだ細かい検証はできてませんが、ひとまず良かった。

今回の作業では丁寧なサポートの方の対応に助けられました。
それとTime Machineのバックアップ。
これがなければ復旧できなかったでしょう。