読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働いたら遊ぶ

フライフィッシング・バイク・キャンプなど、アウトドアでのモノ・コトなど

秋の乗鞍〜新穂高観光


80歳を超えた親父。
まだ元気なうちに旅行しとこうと、秋の飛騨地方へ出かけました。




ぴーかんの天気に紅葉真っ盛り。
10月半ば過ぎで寒いかと着込んできたけど、長袖シャツ一枚でちょうどいいくらいの暖かさでした。

乗鞍の一ノ瀬園地あたりでブルーシートを広げてのランチは、松本で買った竹風堂の栗おこわ。
国産栗だけを使った優しい味で美味い!
食後はコーヒー好きの親父にと、豆を挽いてのコーヒータイム。
小学5年生の時に親父と登った乗鞍を眺めながら、穏やかな天気にも恵まれてのんびりした時間が流れます。




食後の散策は
現役時代は測量や森林管理で山に登っていた親父も、いまは遊歩道もゆっくりとしか歩けません。
だけど、街とは違う清々しい表情。
爽やかな森の香りに、色とりどりの景色を楽しんでいるようでした。

ボクも落ち着いて紅葉を見ていたんですが、つい池に魚がいないかと探してしまう・・・。
と、いました。7cm前後くらいのおチビがたくさん。
小さすぎてよくわからないけど、1,500mくらいの標高なのでイワナかな? 

ホントは親父の趣味のスケッチをする予定でしたが、宿の時間もあるので写真だけ撮って移動。

宿では塩尻の銘酒「美寿々」のひやおろしで乾杯。
最近はあまり量を飲めなくなったようですが、旅の気分もあったんでしょうか、お互い楽しい杯になりました。



二日目は禁漁期の蒲田川を恨めしく眺めつつ、新穂高ロープウェイへ。
比較的空いている第二乗り場から乗車しました。
それでも平日だというのに2本待ち。やはり紅葉時期ですね。混んでます。




割引券使っての第二乗り場から往復運賃は、一人2,500円。
それに駐車場代600円がプラスされます。
標高も値段も高い・・・。



それでも、雄大な山並みが汗一つ流さず眺められるんですから。
展望台でスケッチができるのではと期待してましたが、人が多くてそんな雰囲気じゃないですね。



それにしても威厳を感じる奥飛騨の山。
この自然がイワナを育んでいると思うと感謝です。



この度の目的だった、親父のスケッチはできませんでした。
ゆっくり歩く両親を見ていると、また来年来よう、と。
その時は、シーズン中にフライロッドを持って。
親父はスケッチ、ボクは釣り。
川辺でコーヒーを淹れて。